★医学部再受験の失敗するケースは年齢に関係ない!?★

医学部再受験生は、年齢で不利だということがよく言われますが失敗している人たちの原因を見てみると意外と年齢に関係なかったりします。というのも医学部再受験生で最も多い失敗理由は勉強不足です。そもそも医学部合格に必要な学力まで伸ばせなかったという人が多いです。これは、社会人で仕事と勉強の二足の草鞋で生活していたため、どうしても時間確保が難しく思うように学習できなかったというケースです。また、仕事を辞めて勉強に専念したものの、ゼロから勉強のやり直しだったため精神的にも辛くモチベーション維持ができなかったいわゆるドロップアウトです。そもそも医学部再受験生の中には現役や浪人生の時代に医学部を1度目指したものの合格できかなったという人が多かったりします。現役時代および浪人という勉強に集中できる環境に身を置いてでも医学部合格ができなかったわけですから、再受験でも厳しい道のりになるということは覚悟しておいた方が良いでしょう。諦めきれずに医学部を再挑戦するのは決して悪いことではありません。ただし、また失敗するリスクは勉強から遠ざかっていた分高くなっていると思った方が良いです。次に学力に関連して多いのは私立医学部を回避するパターンです。医学部再受験生は、経済的に厳しい人が多く国公立を目指す傾向にあります。しかし、医学部はただでさえ難しいのに国公立となれば学費が安く、対策科目も多いのでより難易度が上がってしまいます。しかも、国公立の場合は前期と後期の2回しかチャンスがありません。医学部合格を本気で目指すなら併願が可能で対策科目も少ない私立を目指す方が現実的です。というように学力不足や私立回避が多くの医学部再受験を失敗にしているようです。もちろん年齢に寛容ではない医学部もありますが、偏差値60以上の学力がって私立も目指せるのであれば年齢に関係なく入れる医学部はあるということです。医学部を本気で目指すなら偏差値60まで伸ばすのが年齢よりなにより重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です